http-equiv=”refresh” content=”3;URL=https://http://keicars-maniac.com/”>
fc2ブログ
軽自動車マニア

Welcome to my blog!

【8代目】アルトバン VP(HA36V型) 概要解説

2021/08/20
アルト 0
セダン(ハッチバック)タイプ 軽貨物
アルトはスズキのハッチバック型軽自動車。本稿で8代目の軽貨物仕様である、アルトバンのVPグレード(HA36V型)を扱う。

HA36VP (2)
画像参照元:スズキ認定中古車




概要


2014年12月にフルモデルチェンジし、8代目となったスズキ・アルト。8代目のアルトは個性と実用性を両立させた独特のエクステリアに新世代プラットフォームと徹底した軽量化、新型エンジンに新型トランスミッション、広くなった室内空間に先進の自動ブレーキとフルモデルチェンジに相応しい相当なアップデートとなった。

①シンプルかつスタイリッシュなデザイン

HA36VP (31)

8代目アルトの外観はシンプルさの中に美しさや品格を追求。特に眼力を追求したヘッドライトに特徴的なフォルム、バンパー下部に移動したコンビランプに大きなリア開口部などデザインと実用性を両立させている。

②アルトエコよりもさらに進んだ低燃費としっかりした走り

新プラットフォームには軽量衝撃吸収ボディー、「テクト」を採用。エンジンは新世代のR06A型エンジンを大幅改良し低中速の動力性能を高めつつ燃費性能を大きく向上させた。

トランスミッションは副変速機付きCVTを車体の軽量化に伴い変速比を最適化。バングレードではそれまでの4ATから5AGSの採用により先代の4ATモデルよりも大幅な燃費向上とダイレクトな走りを実現。

低燃費技術としては「エネチャージ」と「新アイドリングストップシステム」と「エコクール」をグレード別に設定。

ボディは最大で約60kgの軽量化。一番軽いグレードで約610kgを実現し自然吸気エンジンながら軽快な走りと高燃費を実現。さらに軽量化しつつ剛性を確保したテクトにより走りそのものも良くなっている。

③快適な室内空間にイージードライブ

新プラットフォームの採用により2460mmのロングホイールを実現。室内長はクラストップレベルの2040mmで前後の乗車間距離は900mmを実現。先代よりも室内空間が広くなった。また、チルトステアリングを上級グレードで採用しドライビングポジションを調整可能としたほか、豊富な収納スペースを用意し扱いやすさも向上させた。また、最小回転半径は4.2mと軽自動車としての小回りの良さも踏襲されている。

④先進安全技術を搭載

レーダーを使った自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」をグレード別に設定。スリップや横滑りを抑えるESPは全グレードに標準装備。ヒルホールドコントロールはグレード別。シートベルトリマインダーを標準装備とした。

2018年12月には自動ブレーキの「レーダーブレーキサポート」がステレオカメラとセンサーを併用した「デュアルセンサーブレーキサポート」にアップデート(2型改良)。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載し、安全装備を充実させた。

また、リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーによる「後退時ブレーキサポート」も設定。あわせて後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載している。

アルトバンの特徴と他グレードとの違い


アルトシリーズの中でも最も安く、かつ税金も安い軽貨物としてのアルトが「アルトバン」である。実は軽貨物のアルトバンは初代アルト47万円時代から存在する息の長いモデルで、装備を簡略化しコストを抑え実用性に全振りしたグレードとなっている。

8代目のアルトバンのトランスミッションは先代のアルトよりオートマが4ATから5AGSに換装されたことにより燃費と静粛性が向上。エンジンも新世代のR06Aの採用と新型プラットフォームによりアルトバン史上最高の燃費性能を実現している。

ボディカラーはビジネスユースとコストの面から白系のスペリアホワイトのみ。シート形状も乗用モデルに比べると簡素で、特に後部座席は居住性を考慮しないライトバンなどと同等の簡易的なもの。後部窓ガラスも開閉しない「はめ殺し窓」となる。

その一方でリアシートを倒すと広大な荷室空間となり、2名乗車時は最大積載量200kgの軽貨物車となる。

その分新車価格はFFの5MTモデルで696,600円、一番高い5AGSの4WDモデルでも885,600円と良心的。税金も自家用軽貨物の4ナンバーとなるので1年あたり4000円と激安だ(軽乗用は1年あたり10800円)。

アルトバンの生産終了とその理由


8代目アルトバンのデビュー当初はライバルのダイハツにミラバンが存在したが、2018年3月30日に生産終了。以後は軽で唯一新車で買えるセダンタイプの軽貨物としてのアルトバンだったが、販売低迷から2021年8月12日に廃止。以後は乗用タイプのみの販売となり、42年の歴史に幕を閉じることとなった。

なお、ダイハツ・ミラの後継モデル、ミライースにビジネスユースを想定した安いBグレードが存在するが、こちらは軽貨物ではない点に注意。

リアシートは乗用タイプと同じで軽貨物としての基準を満たさず、4ナンバーとはならない。よって2021年8月以降は新車で買えるセダンタイプの軽貨物が完全消滅した形になる。

ただし、アルトそのものがまもなくフルモデルチェンジを控え、これに伴うグレード整理という見方もできる。また、2021年10月からのオートライト義務化も関連して、オートライト非装備のバングレードを一旦生産終了した可能性もあるとみられていた...

が、2021年12月10日の新型・9代目アルトの発表時にアルトバンの姿はなく、8代目で完全終了となったことが濃厚となった。理由としては需要が無いことが要因で、9代目アルトではラインナップに加えれることがなかった。

フードデリバリー対応・HA36Vは4ナンバー軽貨物車


最近流行りのフードデリバリー。大都市圏では自転車配達がメインだが、公共交通機関があまりなく、自家用車が移動のメインとなっている地方都市ではバイクや軽自動車が主流だ。そして積雪のある北国では冬期に自転車やバイクの使用が困難なため必然的に軽自動車が利用されやすい。

その軽自動車は法律により4ナンバーの貨物タイプの軽自動車で、かつ営業用の黒ナンバーが必須。5ナンバーの軽自動車を改造して4ナンバー化する手もあるが、元々4ナンバーなアルトバンであれば改造申請の必要なくすぐに黒ナンバー取得するだけでフードデリバリー車両の準備が整う。

他に軽貨物といえばワンボックスタイプのかつワンボックスタイプのエブリィハイゼットカーゴN-VANなどがあるが、軽量な分アルトバンのほうが遥かに燃費が良く、全高も高くないので強風に煽られる心配も少ない。

他の運送業と掛けもちしないフードデリバリーオンリーであればアルトバンの利便性や経済性はかなり優秀である。個人で使う以外に出前ピザ屋や出前寿司、マックデリバリー、郵便局、小規模な会社等で社用営業車としてアルトバンの導入事例がある。

エクステリア


HA36VP (30)

フロントデザイン。8代目アルトはシンプルながら強調されたヘッドライト、オーソドックスだけど特徴的な左右非対称グリルによる個性的な顔つきが特徴だ。乗用グレードではオプションでカラーグリルやメッキグリルが用意されているが、バングレードのVPでは非設定。

さらに軽貨物のVPグレードではフォグランプの設定がないため非常にオーソドックスでシンプルな雰囲気となる。

HA36VP (3)

サイド。見た目はほぼ同じ用にみえるが、コストカットのため色々と省略された部分がある。まず、ドアミラーは未塗装で手動式(電動格納式リモコンドアミラーは非搭載)。ドアハンドルも未塗装。リアのプライバシーガラスもなくて見えちゃうガラスとなり見た目は乗用グレードに比べると貧相だ。ただ、バンの後部座席はあまり人を載せないと思うのでそこまで重要でないと思う。

HA36VP (19)

足元は13インチ漢のスチールホイール。ホイールキャップなしで商用車感が高い。もちろんアルミホイールの設定など皆無。

HA36VP (24)

リア。こちらも見た目は同じだが、リアガラスのスモークは非設定。リアゲートの開閉ノブも非塗装の樹脂タイプとなる。

HA36VP (29)

VPを示すエンブレムは付いていないが、軽貨物を示す最大積載量の表示がリアゲート右下にシールで付く(コストカットのため「ALTO」も含めてエンブレムとはならない)。最大積載量は200kgでエブリィやハイゼットカーゴに比べると150kg少ない。

エンジン・機能


HA36VP (16)

エンジンはR06A型直列3気筒DOHC自然吸気エンジンのみ。エンジン出力とトルクは軽貨物仕様にあわせて乗用モデルよりも低めに設定し、最高出力49ps(36kW)/6500rpm、最大トルク5.9kg・m(58N・m)/4000rpmを発生。トランスミッションは5MTまたは5AGSで、駆動方式はFFまたは4WD(※ただし、2019年10月の改良で5MTの4WDが非設定となった)。

燃費向上技術としてエネチャージ、新アイドリングストップシステム、エコクールを乗用グレードに一部を除いて搭載していたが、バングレードは非搭載。

HA36S_l_limited (01)

自動ブレーキとしてはレーダーブレーキサポートと誤発信抑制機能をレーダーブレーキサポート装着車グレードに設定。

後に乗用グレードではレーダーブレーキサポートがデュアルセンサーブレーキサポートにアップデートしたが、バンでは適用されず、自動ブレーキを備えたグレードも2019年10月の改良でカタログ落ち。以後は非搭載仕様のみとなった。

この他に横滑り防止装置のESP、EBD・ブレーキアシスト付ABS、ヒルホールドコントロール(※レーターブレーキサポート搭載グレードのみ)を標準装備。

インテリア


HA36VP (20)

インパネ。運転席まわりは乗用グレードの廉価グレードとほぼ同じ。

HA36VP (17)

ステアリングはウレタンステアリングホイール。

HA36VP (6)

スピードメーターは乗用グレードと共通でタコメーター無しのシンプルな1眼タイプ。エコドライブをスピードメーターバックカラーとして表示し、右側にはマルチインフォメーションディスプレイを備える。

HA36VP (10)

エアコンはマニュアル式エアコン。5AGSの場合はシフト位置がインパネシフトとなる。先代の4ATよりも燃費と加速性、静粛性が高い5AGS。操作にはクラッチが繋がる瞬間にアクセルペダルを離してやるなど独特のアクセル操作が必要となるが、慣れれば5MTのようなスポーティな走りも可能な面白いトランスミッションだ。もちろんクラッチが無くAT限定免許でも乗れるためその点の心配は不要。

HA36VP (1)

5MTのシフトノブ。8代目アルトではシフトブーツが付いて見た目がかなり良くなった。安っぽい感じはあるものの、先代のジャバラタイプよりは全然いい。

HA36VP (18)

ちなみに5MT選択時はアルトワークスのようにインパネシフトの部分が収納スペースとなる。

HA36VP (7)

フロントシートはセパレートタイプ。シート形状はベースと同じくヘッドレスト一体型でコスト重視の形状となる。なお、パワーウィンドウは非装備の手動式。オプションで選択は可能だ。

HA36VP (23)

リアシート。アルトバンの一番の特徴ともいえるのがここ。軽貨物としての基準を満たすためリアシートの足元は極端に狭く、また快適性が皆無の垂直立ちのリアシートとなる。

また、アルトバンでは、コストカットのため後部座席の窓ガラスが開閉しない「はめ殺し窓」となる。

HA36VP (28)

ヘッドレストも非搭載で基本的にはリアに人を乗ることを想定しないシートとなる。

HA36VP (13)

ラゲッジルーム。軽貨物なのでラゲッジルームは広め。

HA36VP (14)

リアシートを倒した状態。リアシートは乗用には使い物にならない仕様だが、リアシートを倒すとフルフラット化しかなり広くなる。

まとめ


HA36VP (25)
8代目のアルトバンはそのユニークな外観に装備を削ぎ落として実用性に絞ったグレードである。先代のアルトバンと比較すると外観は好き好きが分かれる点だが、内装はよりシンプルで商用車らしく。また、慣れの必要性があるもののオートマが5AGSに換装されたことと軽量&高剛性ボディにより走りと静粛性、燃費がよくなった。これは仕事で使う車という性質上、かなり優れたポイントでお財布に優しい経済的な実用車という点でもある。

仕事以外にも1名~2名乗車が条件だが、普段の足や通勤車としても優秀だ。豪華な装備こそないものの、走りもよく低燃費で維持費も安い。多くを求めないのであれば乗ってみるとそのデキの良さにびっくりするほど。

また、新車はもちろん中古車としても安いので改造ベースとして重宝する。設計が新しくボディ剛性もそこそこあり、一番軽いモデルのFF・5MTでは車重が610kgと古い軽自動車よりも優位性は高い。

特に兄弟グレードのアルトターボRSアルトワークスなど純正パーツを流用してアルトワークス顔にしてみたり、シートも変えてみたり、あるいはチューニングメーカーからも自然吸気用のチューニングパーツが出ているためそういったカスタムする楽しみもある。

中古市場では元の値段が安いので比較的安く購入できるモデルである。ただ、9代目アルトにバンの設定が無いことから8代目HA36V型が事実上最後のアルトバンとなり、状況によっては今後値段が上がることも想定される。

なお、似たようなモデルでライバルのダイハツ・ミラにもバン(L275V/L285V)の設定がある。こちらも5MTの設定があり、設計は古いものの高年式の個体で中古価格も安いので、ミラバンの検討もオススメである。






関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.