軽自動車マニア

旧モデル(絶版含む)から現行モデル、メジャー車種~マニアック車種まで色々な軽自動車を紹介します

2021 01/31

【2代目】スズキ ハスラー(MR52S/MR92S型)

ハスラーはスズキのクロスオーバーSUV型軽自動車。本稿では2代目のMR52SおよびMR92S型を扱う。

MR92S (1)

画像参照元:Goo-net




概要


2020年1月にフルモデルチェンジし、2代目となったスズキ・ハスラー。約6年ぶりとなる全面改良では外観はより個性が強くなりひと目でハスラーとわかるデザインに。使い勝手を向上させたリヤシートスライドやタイプラゲッジアンダーボックスの採用。さらなる自動ブレーキの強化、新世代プラットフォーム「ハーテクト」の採用、新開発エンジンと新開発CVTにマイルドハイブリッドの全グレード採用などフルモデルチェンジに相応しい内容となっている。

①個性的でタフさや力強さを感じさせるエクステリア

MR92S (42)

エクステリアではハスラーのアイデンティティーである丸形ヘッドライトとスクエア基調のグリルを踏襲しつつ、フードの角を上げて厚みのる顔を表現。ピラーは先代よりも立ててロングルーフにスクエア型の大きなキャビンとし、ピラーとボディ同色としピラーの存在をしっかり見せることで力強く頑丈なイメージに。リアにはリアクォーターガラスを配置し後方視界を確保。さらにクロスカントリー車にみられるような斬新な2トーンカラーを採用した。

MR92S (41)

インテリアではタフと機能的、遊び心を刺激するような先進的かつワクワクするデザインとした。インパネは特徴的な3連インパネカラーガーニッシュを採用。スピードメーターにはスズキ初の4.2インチカラー液晶メーターを採用。インパネとドアトリムには車体色に対応した3色(バーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイト)を採用し、シートは縞鋼板柄のシート表皮にインパネと同じ3色のカラーアクセントを採用した。

hustler_color.jpg

ボディカラーはガンメタリック2トーン仕様車に、新色の「バーミリオンオレンジ」、「デニムブルーメタリック」を含めた全11色を設定。

②パッケージング

MR92S (34)

ハーテクトを採用したことにより先代に比べホイールベースを35mm延長し、後部の足元空間を確保しつつ前席は左右乗員距離を30mm拡大。また悪路走破性能もアプローチアングルを1度アップの29度。デパーチャーアングルを4度拡大し50度として先代よりもアップ。そのうえでホイールベースが延長しつつも最小回転半径は先代と同じく4.6mに押さえている。

MR92S (40)

ラゲッジスペースは荷室側からも操作可能なスライド用ストラップを新規採用。先代同様にラゲッジスペースは汚れても拭き取りやすい素材を採用し、荷室下には防汚タイプのラゲッジスペース採用した。

③パワーアップしたスズキ・セーフティサポート

MR92S (43)

自動ブレーキ関連では夜間の歩行者検知も可能なステレオカメラ方式の衝突軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、一時停止のの認識を追加した標識認識機能を採用した。

また、ターボ車(ハイブリッドXターボ、ハイブリッドGターボ)には全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能をスズキの軽自動車としては初採用した。

さらにメーカーオプションとして「全方位モニター付メモリーナビゲーション」を設定。全方位モニター用カメラを採用して周囲360°を立体的に確認できる「3Dビュー」を中央部の液晶パネルに表示してドライバーに表示する。これに自車の前方および後方から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」も搭載。さらにシフトレバーをリバースからドライブに切り替えた際に自動でフロント映像に切り替わる「フロントビュー自動表示機能」も備わる。

④鍛え上げた走行性能と快適性能

エンジンは自然吸気エンジン仕様では新開発R06D型エンジンを採用。スズキ軽初のデュアルインジェクションシステムを採用し燃焼効率を高めて燃費性能アップと軽快な走りを実現した。さらにスズキ軽初のクールドEGR採用でノッキングの発生を抑えて最適なタイミングでの燃焼を実現した。ターボ仕様では引き続きR06A型ターボエンジンとなる。

CVTは新開発となり軽量化と高効率化で優れた燃費性能と軽快な走りを実現。特に低中速域ではスムーズな走りを。高速域ではハイギアードにふって燃費性能を静粛性を高めた。

MR92S (38)

プラットフォームは新世代となるハーテクトを採用。軽量と高剛性を両立させた。特にバックドア、センターピーラー、サイドドアでは環状骨格構造とすることでボディ剛性を強化。さらにスポット溶接部に「構造用接着剤」をスズキとしては初採用。部品感の隙間をうめることでボディ全体の剛性を向上。これによりすぐれた操縦安定性と乗り心地を実現した。加えて「高減衰マスチックシーラー」というこもり音や雨音を低減するものを軽自動車初採用し静音性の高い室内を実現している。

MR92S (37)

また、先代の途中から追加されたSエネチャージは普通車のソリオなどと同じマイルドハイブリッドへ名称変更。発電機能付きモーターの出力は先代の1.6kWから自然吸気エンジンでは1.9kW、ターボ仕様では2.3kWへと引き上げられた(※リチウムイオン電池は先代と同じ3Ah)。さらに回生ブレーキ等の充電効率を改善させアシスト時間は従来の10%アップ。アシスト可能な速度域もそれまでの最大時速85kmから時速100kmまで拡大した。

⑤強化された4WD機能

MR92S (35)

スズキの軽自動車としては初となる「スノーモード」を新たに採用。スイッチひとつで雪見やアイスバーンでのスムーズな発進をサポート可能とした。

MR92S (36)

その他に先代モデル同様にぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、

MR92S (33)

急な下り坂で安心して下れる「ヒルディセントコントロール」を4WD仕様車に標準装備とした。

エクステリア



MR92S (19)

フロントデザイン。2代目ハスラーの顔つきは先代とほぼ変わっていないというのが最大の特徴だ。丸目のヘッドライト、中央部のグリル、SUV的なバンパー...ただし、細かくみるとボンネット先端の角が立ち、より垂直になっていたり、バンパーのデザインもより力強くなっていたりとよりSUV寄りになっている。

MR92S (16)

なお、グレードによりヘッドライトがハロゲンかLEDヘッドライトの違いがある。ベーシックなGグレードではハロゲンヘッドライト。上級のXグレードではLEDプロジェクターヘッドライトに丸型のLEDポジションランプとなる。さらにGグレードではフォグランプがディーラーオプション設定。Xグレードでは標準装備となる。

MR92S (13)

サイド。フロントでも角が立っているのがわかったが、横から見るとよりスクエアな形状になっているのがわかる。特にボンネット先端は角が立ち、よりSUVらしい力強いデザインとなっている。この他リアクォーターガラスが2代目では追加され後方視界のアップと見た目の雰囲気がよくなった。

MR92S (9)

足元はXグレードで15インチアルミホイール。タイヤサイズは先代と同じ165/65/R15。

MR92S (6)

Gグレードではこれまた同様にペイントされたスチールホイールとなる。タイヤサイズはアルミホイールと同じ。ちなみにこの15インチ。スタッドレスタイヤだと微妙に高いので14インチに落とすという手もある。14インチだと175/60/R14でヴィッツなどコンパクトカーと同じサイズで流通量も多く、場合によっては少し価格を安く済ませることができる。

MR92S (8)

リア。2代目ではクォーターガラスが追加されたほか、ボディ形状もかなりスクエアで、特にリアゲート周りもかなりカクカクしているのがわかる。さらにツートンカラーではルーフだけ塗り分けるのではなく、クォーターガラス付近もルーフと同じようにツートンとすることでクロスカントリー車のようなイメージを出している。コンビランプはクリアータイプこそ同じだが、赤いレンズの部分が大きくなり、かつスクエアなボディ形状に合わせて角張った長方形タイプに変更されている。ブレーキランプは先代同様にLED仕様。

エンジン・機能



MR92S (22)

エンジンは新開発のR06D型直列3気筒DOHC自然吸気と先代と同じR06A型直列3気筒DOHCインタークーラー付きターボの2種類。自然吸気エンジンは最高出力49ps(36kW)/6500rpm、最大トルク5.9kg・m(58N・m)/5000rpm。ターボは最高出力64ps(47kW)/6000rpm、最大トルク10kg・m(98N・m)/3000rpm。初代ハスラーはデビュー当初から5MTの設定があったが、2代目でのトランスミッションはCVTのみとなる(※開発に間に合わなかったそうなので後に追加の可能性あり)。
アシスト用のモータ機能付き発電機(ISG)は先代よりも出力を向上。自然吸気エンジン用は最高出力2.6PS(1.9kW)、最大トルクは4.1kg(40N)/100rpm、ターボ車では最高出力3.1PS(2.3kW)、最大トルク5.1kg(50N)/100rpmとなる。スズキのマイルドハイブリッドは非力な自然吸気エンジンの軽自動車であってもモーターの最高出力4.1kgアシストを使うので特に発進加速や高速道路の追い越し加速で十分な加速力を得ることができる。

これにCVTは新開発のものを組み合わせ、さらにプラットフォームにハーテクトを採用したことにより燃費はFFでJC08モード燃費、30.4km/リットル、WLTCモードでは22.6kmを達成した。

自動ブレーキ関連では「デュアルカメラブレーキサポート」に誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、一時停止のの認識を追加した標識認識機能を追加。ターボ仕様車ではアダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能が備わる。

メーカーオプションの「全方位モニター付メモリーナビゲーション」を選択した場合は車の周囲360度を見渡すような「3Dビュー」を中央液晶パネルに表示。「左右確認サポート機能」と「フロントビュー自動表示機能」も同時に備わる。

インテリア



MR92S (23)

インパネ。2代目ハスラーのインパネは水平基調のパネルに大きな3つのガーニッシュを組み合わせ、SUVらしさとポップな感じを組み合わせているのが特徴だ。このガーニッシュはボディカラーによって3色設定され、画像のグレーイッシュホワイトの他、デニムブルー、バーミリオンオレンジの計3種類が存在する。

MR92S (30)

センター部分はナビを入れる部分で、オプションの全方位モニター付メモリーナビゲーションを選択すると9インチの大型液晶でナビの他、AM/FMラジオ、ワイドFM、スマートホン連携、360度全方位モニターなどをタッチパネル(一部ステアリングオーディオスイッチ)で操作できるようになる。

MR92S (5)

エアコンは全グレードでオートエアコンタイプ。

MR92S (11)

その下のスイッチには4WD仕様車のみのスノーモード、グリップコントロール、ヒルディセントコントロールが備わる。新型ジムニーを彷彿とさせるデザインと配置でSUV感がかなりある。

MR92S (7)

ステアリングがXグレードが本革巻ステアリング。Gグレードがウレタンステアリングホイール(※画像は自然吸気Gグレードのスズキセーフティーサポート非搭載車)。ターボ仕様のみにパワーモードスイッチが備わり、オンにするとエンジンとCVTの制御に加えモーターアシスト力をアップさせることで力強い加速を発揮する。なお、ステアリングのパドルシフトはターボモデルのみ装備される。

MR92S (2)

スピードメーター。先代と同じくシンプルな1眼のスピードメーターに液晶パネルの組み合わせだが、2代目では液晶パネルの位置が右寄りになり、かつ4.2インチカラー液晶を初採用した。カラー液晶はマルチインフォメーションディスプレイとなり、タコメーター、燃費計、マイルドハイブリッドのエネルギーフロー、燃費履歴、スノーモード状態表示、グリップコントロール状態表示、ヒルディセントコントロール状態表示、アイドリングストップ状態表示など多彩な機能をわかりやすくかつ楽しく表示する(※Gグレードのセーフティサポート非搭載車では旧来のような単色表示のマルチインフォメーションディスプレイとなる)。さらにメーター上部にはエコドライブ状態をグリーン(燃費が良い)、ブルー(通常)、ホワイト(回生ブレーキ)で表示する。

MR92S (12)

フロントシートはセパレートタイプ。先代ではベンチシートだったが、2代目ではセパレートへ変更された。シートのアクセントカラーはインパネカラーと同様に3色(オレンジ系、ブルー系、ホワイト系)となり、他にドアトリムクロスにもアクセントカラーが与えられる(※シートカラーのみは選べずインパネカラーと同じとなる)。

MR92S (25)

リアシート。ベースはワゴンRなのでかなり後部座席の足元に余裕がある。初代もそうだったが、アルトベースの祖先であるKeiとは異なり、後部座席の乗り降りや居住性は比較にならないほど良い。

MR92S (27)

ラゲッジスペース。2代目の新機能としてはリアシートの背もたれに倒すためのストラップが追加。これによりリアハッチを開けてそのまま簡単にシートを倒すことが可能となった。

MR92S (28)

リアシートを倒した状態。初代同様にラゲッジスペースは汚れてもすぐに拭き取りやすい素材を使用。さらに倒したときはフルフラットにできるようになっている。祖先のKeiは後部座席を倒すとフルフラットだったが、このあたりの使い勝手は2代目も継承されている。

まとめ


2代目ハスラーは初代のイメージを残しつつ、SUV寄りの外観とハーテクト採用によるボディ剛性の強化にマイルドハイブリッドの進化による走りの強化。ポップなインテリアに強化された自動ブレーキなど6年ぶりのフルモデルチェンジに相応しいアップデートとなった。見た目はそれまでのゆるい系からハードなSUVに姿を変えたため、好き好きが分かれる部分だが、中身に関しては正当な進化が与えられており、特にマイルドハイブリッド仕様でありながら2WDにおいては自動ブレーキなしだと128万円。自動ブレーキを付けても2WDだと136万円からとかなり良心的な価格設定となっている。このあたりはさすがスズキといったところ。特に街乗りでは少々非力な自然吸気エンジンにモーターアシストを加えることによって追い越し加速や出だし加速が強化されており、他社にはあまりない魅力のひとつとなっている。加えて4人が余裕を持って乗れて少々の悪路にも強く、4WD車は特に雪国では心強い1台で足車から外観ゆえの個性的なモデルとして幅広いニーズに応えられる車種といえよう。
関連記事
スポンサーサイト



【2代目】スズキ ハスラー(MR52S/MR92S型)

SUV(RV車)タイプ

スレッドテーマ : 軽自動車 ジャンル : 車・バイク

(0)TB(0)

AFTER「ダイハツ タフト(LA900S/LA910S型)

BEFORE「【4代目】ダイハツ タントカスタム(L650S/L660S型)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント


メーカー別車種一覧


 
toyota.jpg
pixis_epoc.jpg ピクシスエポック pixis_space.jpg ピクシススペース
pixis_spece_custom.jpg ピクシススペース カスタム pixis_truck.jpg ピクシストラック
pixis_joy_C.jpg ピクシスジョイC pixsjoy_F_1.jpg ピクシスジョイF
pixis_van.jpg ピクシスバン pixis_mega.jpg ピクシスメガ
nissan_rogo.jpg
otty.jpg オッティ otty_rider.jpg オッティ ライダー
CLIPPER-RIO_U71W_v2.jpg クリッパーリオ clipper_truck.jpg クリッパートラック
dayz.jpg デイズ daz_highwaystar.jpg デイズ ハイウェイスター
dayz_roox.jpg デイズルークス dayz_roox_highwaystar.jpg デイズルークス ハイウェイスター
dayz_rider.jpg デイズ ライダー dayz_roox_rider.jpg デイズルークス ライダー
moco.jpg モコ moco_earo.jpg モコ エアロスタイル
moco_doruche.jpg モコドルチェ roox.jpg ルークス
kix.jpg キックス pino.jpg ピノ
honda.jpg
acty_truck.jpg アクティトラック thats.jpg ザッツ
today.jpg トゥデイ todsy_rs.jpg トゥデイRS
today_asocie.jpg トゥデイアソシエ street.jpg ストリート
zest.jpg ゼスト zest_sports.jpg ゼストスポーツ
zest_spark.jpg ゼストスパーク bamos.jpg バモス
bamos_hobio.jpg バモスホビオ beet.jpg ビート
life.jpg ライフ life_dunk.jpg ライフダンク
life_diva.jpg ライフディーバ S660.jpg S660
n-wgn_custom.jpg N-BOX n-box_.jpg N-BOX+
n-box_custom.jpg N-BOXカスタム n-box_slash.jpg N-BOX スラッシュ
n-one.jpg N-ONE n-wgn.jpg N-WGN
n-wgn_custom.jpg N-WGNカスタム z.jpg Z
mazda.jpg
az-1.jpg AZ-1 az-offroad.jpg AZ-オフロード
az-wagon.jpg AZワゴン az-wagon_rr.jpg AZワゴン RR
az-wagon_custom.jpg AZワゴン カスタムスタイル DG16T (1) スクラムトラック
DG17W (7) スクラムワゴン carol.jpg キャロル
HB35S_eco_last (36) キャロルエコ spiano.jpg スピアーノ
flare.jpg フレア flare_custom (2) フレアカスタムスタイル
flare_cross.jpg フレアクロスオーバー flare-wagon.jpg フレアワゴン
flare-wagon_custom_style.jpg フレアワゴン カスタムスタイル lapyuta.jpg ラピュタ
lapyuta_s.jpg ラピュタ Sターボ
mitsubishi.png
i.jpg アイ townbox.jpg タウンボックス
Top1.jpg トッポ topBJ.jpg トッポBJ
pajero_mini.jpg パジェロミニ pajero_mini_duke.jpg パジェロミニ デューク
pajero_mini_links.jpg パジェロミニ リンクス minica.jpg ミニカ
minica_dangan.jpg ミニカ・ダンガン minica_townbee.jpg ミニカ・タウンビー
minicab_truck.jpg ミニキャブトラック minicab_van.jpg ミニキャブ・ミーブ
ek_wagon.jpg eKワゴン ek_classy.jpg eKクラッシィ
ek_active.jpg eKアクティブ ek_custom.jpg eKカスタム
ek_space.jpg eKスペース ek_space_custom.jpg eKスペースカスタム
ek_sports.jpg eKスポーツ
subaru.png
vivio.jpg ヴィヴィオ vivio_t-top.jpg ヴィヴィオ タルガトップ
vivio_bistro.jpg ヴィヴィオ ビストロ sanber_van.jpg サンバーバン
samber_truck.jpg サンバートラック stera.jpg ステラ
stera_custom.jpg ステラカスタム stera_revesta.jpg ステラリベスタ
sifon.jpg シフォン sifon_custom.jpg シフォンカスタム
dias_wagon.jpg ディアスワゴン dias_wagon_clasic.jpg ディアスワゴン クラシック
pleo.jpg プレオ pleo_RS.jpg プレオRS
pleo_plus.jpg プレオ・プラス pleo_custom.jpg プレオカスタム
pleo_nicot.jpg プレオニコット pleo_nesta.jpg プレオ・ネスタ
lucra.jpg ルクラ lucra_custom.jpg ルクラカスタム
lex.jpg レックス r1.jpg R1
r2.jpg R2
daihatu.jpg
cast_activa.jpg キャスト アクティバ cast_style.jpg キャスト スタイル
cast_sports.jpg キャスト スポーツ atray-wagon.jpg アトレーワゴン
esse.jpg エッセ esse_custom.jpg エッセ カスタム
wake.jpg ウェイク opty.jpg オプティ
opty_classic.jpg オプティクラシック opty_earodwon_beexs.jpg オプティ・エアロダウンビークス
copen.jpg コペン copen_explay.jpg コペン エクスプレイ
copen_cero.jpg コペン セロ copen_robe.jpg コペン ローブ
sonica.jpg ソニカ hijet_cargo.jpg ハイゼットカーゴ
hijet_cady.jpg ハイゼット キャディー hijet_dekivan.jpg ハイゼット デッキバン
naked.jpg ネイキッド hijet_truck.jpg ハイゼットトラック
mizet2.jpg ミゼットⅡ mira.jpg ミラ
mira_wark_threwvan.jpg ミラウォークスルーバン mira-tr-xx.jpg ミラ TR-XX
mira_avy.jpg ミラアヴィ mira-es.jpg ミライース
mira_custom.jpg ミラカスタム mira_cocoa.jpg ミラココア
mira_cocoa_plus.jpg ミラココア プラス mira-gino.jpg ミラジーノ
mira_modelno.jpg ミラ・モデルノ mira_gino_mini.jpg ミラジーノ ミニライトスペシャル
tanto.jpg タント tanto_custom.jpg タントカスタム
tanto_exe.jpg タントエグゼ tant_exe_custom.jpg タントエグゼカスタム
move.jpg ムーヴ move-sr-xx.jpg ムーヴ SR-XX
move-custom.jpg ムーヴ・カスタム move-canvas.jpg ムーヴキャンバス
move_conte.jpg ムーヴコンテ move-conte_custom.jpg ムーヴコンテカスタム
move_late.jpg ムーヴラテ move_late_cool.jpg ムーヴラテ クール
leza_spider.jpg リーザスパイダー max.jpg MAX
max-rs.jpg MAX RS terios_kidd.jpg テリオスキッド
terios_kidd_custom.jpg テリオスキッド カスタム
suzuki.png
alto.jpg アルト altoC_1.jpg アルトC
alto_eco.jpg アルトエコ alto_hassulu.jpg アルトハッスル
alto_lapin.jpg アルトラパン alto_lapin_shokora.jpg アルトラパン ショコラ
lapin_SS.jpg ラパンSS lapin_turbo.jpg ラパン ターボ
alto_turbo_RS.jpg アルト ターボRS alto_works.jpg アルトワークス
evey_wagon.jpg エブリィワゴン suzuki_captino.jpg カプチーノ
suzuki_cara.jpg キャラ carry_truck.jpg キャリィトラック
jimny.jpg ジムニー jimny_L.jpg ジムニーL
jimny_j2.jpg ジムニーJ2 jimy_KANSAI.jpg ジムニーKANSAI
jimny_landventure.jpg ジムニー ランドベンチャー jimny_wild_wind.jpg ジムニー ワイルドウインド
jimny-cross_adventure.jpg ジムニー クロスアドベンチャー specia.jpg スペーシア
specia_custom.jpg スペーシアカスタム specia_customZ.jpg スペーシアカスタムZ
serbo.jpg セルボ serbo_SR.jpg セルボ・SR
serbo_classic.jpg セルボ・クラシック twin.jpg ツイン
twin_hybrid.jpg ツイン ハイブリッド hustler.jpg ハスラー
palet.jpg パレット palet_sw.jpg パレットSW
wagonR.jpg ワゴンR wagonR_styng_ray.jpg ワゴンR スティングレー
wagonR_RR.jpg ワゴンR RR kei.jpg Kei
kei_sports.jpg Keiスポーツ kei_works__.jpg Keiワークス
mr_wagon.jpg MRワゴン mr_wagon_sprots.jpg MRワゴン スポーツ
mr_wagon_wit.jpg MRワゴン Wit

Top