軽自動車マニア

旧モデル(絶版含む)から現行モデル、メジャー車種~マニアック車種まで色々な軽自動車を紹介します

2017 11/26

【前期型】スズキ Keiワークス(TA-NH22S型)

KeiはスズキのクロスオーバーSUV型軽自動車。Keiワークスはそのスポーツモデルである。本稿ではデビュー当初の2002年11月~2006年5月までを前期型とし、これを扱う。

HN22S_works_first (19)

2002年11月に登場したスズキ・Keiワークス。それまでスズキの軽スポーツモデルといえば「アルトワークス」が有名だったが、この時代はそれまでのベーシックな「アルト」や「ミラ」にかわり「ワゴンR」や「ムーヴ」など室内空間が広く実用性を重視したトールワゴンにシフトしており、かつてのホットモデルは販売低迷から生産終了となっていた。一方でワークス復活を希望する声は少なからず存在し、その声に答える形でターボエンジンを搭載したKeiをベースとしたホットモデルを登場させた。それがこの「Keiワークス」である。

Keiというモデルそのものは1998年10月の軽自動車新規格に登場したスズキでは新ジャンルとなる軽自動車で、背の低いアルトをベースに最低地上高を少し上げてSUVの性格をもたせた「クロスオーバー」なモデルである。ちょうど後継モデルのハスラーがあるが、Keiはその前進モデルで販売終了後も特に雪国では根強い人気を誇ったモデルである。

HN22S_works_first (7)

Keiはデビュー当初はジムニーとワゴンRやアルトの間を埋めるような位置づけのライトなSUVモデルであったが、2000年10月のマイナーチェンジ(中期型)で3ドアを廃止。フロントデザインもファニーフェイス寄りに変更しSUV感を薄めた。これと同時にスポーツ色を全面に押し出した新グレード、「Keiスポーツ」を登場させた。KeiワークスはこのKeiスポーツに交代する形でデビューとなった。

HN22S_works_first (20)

Keiワークスは専用装備として外装では専用フロントグリルに専用バンパー、大型フォグランプ、大型ルーフエンドスポイラー、サイドアンダースポイラー、ローダウンサスペンション、15インチアルミホイール、4輪ディスクブレーキ、5MTのFFモデルではヘリカル式のリミテッドストップデフ(LSD)を標準装備。

HN22S_works_first (12)

内装ではブラックカラーをベースにタコメーター付きシルバーメーター、本革巻ステアリングホイールにドイツ・レカロ社と共同開発した専用レカロシート(セミバケットタイプ)を標準装備。リアシートもワークス専用のシート表皮とし、内外装で大幅にスポーティーな仕様としたモデルとなっている。

HN22S_works_first (22)

フロントデザイン。ワークス仕様として専用となる大型フォグランプ付きのバンパーと開口部をしぼられた専用グリルを装着。元々中期型Keiは女性受けするようなファニーフェイス寄りの顔つきだったが、この専用装備により攻撃的な厳つい顔つきに変貌した。

HN22S_works_first (9)

ヘッドライトはノーマルのKeiと共通。

HN22S_works_first (1)

なお、デビュー当初はワークスのエンブレムがレッドだったが、2003年9月の小改良(7型)でエンブレムの色をブルーに変更。加えてボンネット中央に着いていたブランドロゴマークも旧来タイプから立体的なSマークに変更となった。

HN22S_works_first (5)

サイド。ワークス仕様としてサイドアンダースポイラーと-15mmのローダウンサスペンションを標準装備。このほかフロントグリルと同じエンブレムを前ドアに貼り付けた。

HN22S_keiworks _6th (3)

ボディカラーはデビュー当初は標準色として黒系の「ブルーイッシュブラックパール3」、赤系の「ブライトレッド2」、オプションカラーとして灰色系の「マジョーラミディアムシルバー」、白系の「パールホワイト」の4色を設定。ただし、7型以降(2003年9月)で赤系の「ブライトレッド2」を廃止(それ以降は復活せず)となった。Keiワークスはイエローが希少と思われがちだが、この赤も実は希少カラーで特に赤いエンブレムと被ってあまりいい色とは言えなかった部分が不人気で、これも希少なのである。

HN22S_works_first (10)

足元は専用デザインの15インチアルミホイール。ガンメタリックカラーでノーマルのKeiとはかなり印象が異なる。後輪はワークス仕様としてディスクブレーキに変更。4輪ディスクブレーキとなる。

HN22S_works_first (6)

リア。リアバンパーはKeiスポーツと同じタイプ。デビュー当初(6型)のエンブレムはリアハッチ右側にKeiワークスエンブレム。左側にSUZUKIエンブレムとなる。2003年9月小改良(7型)ではSUZUKIエンブレムを廃止しリアハッチ中央にSマークエンブレムを。Keiワークスエンブレムもレッドからブルーに変更となった。

HN22S_works_first (8)

このほかワークス仕様として大型ルーフエンドスポイラーを標準装備。軽自動車に付いている純正リアスポイラーとしてはかなり大きく、フロントデザイン同様にノーマルのKeiやKeiスポーツとの差別化がなされいてる。

HN22S_works_first (17)

エンジンはK6A型3気筒直列DOHCインタークーラー付きターボエンジンのみ。最高出力は64ps(47kW)/6500rpm、最大トルクは10.8kg・m(106N・m)/3500rpm。トランスミッションは5MTまたは4ATで、駆動方式はFFまたは4WD。FFの5MTモデルでは純正でヘリカルLSDが付く。車重は最軽量の5M&FFモデルで790kgと4代目アルトワークス(RS/Z)の5MT&FFよりも100kg程度重たい。このためアルトワークスほどの刺激的な加速力は無く、しばし批判される部分でもあった。また、4WDシステムは他のスズキの軽自動車と同じビスカスカップリング式でタイヤが空転すると後輪にも駆動が伝わり、基本はFFとなるタイプだ。ただしスズキの場合は微妙に常時後輪にも駆動力が加わっているため、ときおりフルタイム4WDと呼ばれる場合がある。このビスカスカップリングだが、耐久性に問題があり走行距離や使用具合によってこのビスカスカップリングから異音がするトラブルが数多く報告されている。この部品は2代目と3代目ワゴンR(MC系とMH系)、5代目アルト(HA系)、初代アルトラパン(HE系)などでも部品を共有していたのだが、この車種すべてで部品の延長保証が行われたぐらいで、スズキの持病ともいえる有名な部品となっている。前オーナーが修理しているか確認したほうが良いだろう(自費で修理するとリビルド品で5万円前後、新品で7万前後+工賃がかかる)。

HN22S_works_first (11)

インパネ。ワークス仕様としてブラックをベースにオーディオパネルをシルバー塗装した。

HN22S_keiworks _9th (6)

スピードメーター。ベースモデルは黒系の背景だっためシルバーメーターでスポーツな印象だ。ただし専用品ではなく同年代のワゴンRのカスタムモデル(RR)と同じタイプとなっている。

HN22S_works_first (18)

マニュアルのシフトノブ。シフトブーツが軽トラのような旧来品でチープ感が漂う。

HN22S_works_ (3)

ATは旧来の4ATタイプ。マニュアルモードも無く昨今のスポーツモデルと比べるとあまりオススメできない仕様となる。

HN22S_works_first (3)

フロントシートはセミバケットシートタイプ。Keiワークスの特徴のひとつとも言える部分でドイツ・レカロ社と共同開発したレカロシートを標準で採用している。ただし、サーキットで使うようなガチガチのバケットシートではなく街乗りに便利なセミバケットタイプとなっている。一説によれば骨組みをスズキが。シート生地をRECAROから供給されて作ったもので独特のクッション性により長距離運転でも腰に優しい代物となっている。アルトやミラなどの安いシートとはまったく異なる豪華な装備品である。

HN22S_works_first (13)

リアシート。後部座席はさすがにRECAROではないもののワークス専用のシート表皮が与えられ上級感が演出されている。

HN22S_works_first (4)

ただしこのように足元がかなり狭いため、昨今の軽自動車のリアシートのイメージがあるとかなり辛い部分がある。またリアシートのスライド機構も無いため後部座席はかなり窮屈だ。これはKeiの設計時に後部座席よりもラゲッジルームを優先したつくりになっているためで、あくまでKeiワークスは二人乗りメインと考えたほうがいいだろう。

HN22S_works_first (21)

ラゲッジルーム。リアシートの足元が狭かった分ラゲッジルームは広い。

HN22S_works_first (25)

リアシートを倒すと広大な荷室が。フルフラットにもなって扱いやすい。Keiワークスの高い利便性はここにある。

HN22S_works_first (23)

KeiワークスはクロスオーバーSUVのKeiをベースに外装では専用フロントグリルに専用バンパー、大型フォグランプ、大型ルーフエンドスポイラー、サイドアンダースポイラー、15インチアルミホイール、ローダウンサスペンション、4輪ディスクブレーキ、5MTのFFモデルではヘリカル式のリミテッドストップデフ(LSD)を。内装ではブラックカラーをベースにタコメーター付きシルバーメーター、本革巻ステアリングホイールにドイツ・レカロ社と共同開発した専用レカロシート(セミバケットタイプ)を標準装備。リアシートもワークス専用のシート表皮とし、内外装でKeiスポーツよりもスポーティーな仕様とした軽スポーツモデルである。アルトワークスと比べるとどうしても車重が重たい分刺激的な加速が無く、しばしけなされる部分があるもののKeiワークスがデビューした当時は冒頭にも述べたがワゴンRやムーヴなどの軽ワゴン全盛期。硬派なマニュアル&ターボの軽スポーツモデルがほとんど無い状況で、マニュアルの軽スポーツといえばこの「Keiワークス」か「初代コペン」程度しかなかった。そのため軽自動車でもマニュアル&ターボという需要には少なからず応えられる1台であった。

Keiワークスはこの後2006年4月のマイナーチェンジ(9型)で内装を一新。ボディカラーにスイフトスポーツと同じチャンピョンイエローを設定するなどの後期型に移行する。この変更により内装が派手になるためブラックの落ち着いた内装が好きな人は前期型を。逆に赤黒の内装が好みの人は後期型がオススメである。

中古市場では後継ともいうべき復活した「アルトワークス(5代目)」が登場しているもののマニュアル仕様だと依然と高値が続いている。5代目アルトワークスとは荷室の使いやすさや後輪ディスクブレーキなど細かい部分でKeiワークスに魅力的な部分がありまた、中古車としてみた場合5代目アルトワークスよりも手頃なため意外と需要があるのかもしれない。

ちなみにKeiはマツダのOEM版として「ラピュタ」があるがこの「Keiワークス」も「ラピュタ Sターボ」として販売されていた。ただしKeiワークスのような攻撃的なフロントデザインとはならず、Keiスポーツに似た上品なデザインでマツダ風のデフォルメが与えられていた。中身はまったく同じためマニュアル&ターボを探している場合はあわせて「ラピュタ Sターボ」も探してみるといいだろう。
関連記事
スポンサーサイト



【前期型】スズキ Keiワークス(TA-NH22S型)

スポーツタイプ

スレッドテーマ : 軽自動車 ジャンル : 車・バイク

(0)TB(0)

AFTER「【初代・後期型】三菱 ekカスタム プレミアムインテリアエディション(DBA-B11W型)

BEFORE「【2代目・後期型】日産 モコ G ショコラティエ エアロスタイル(MG22S型)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント


メーカー別車種一覧


 
toyota.jpg
pixis_epoc.jpg ピクシスエポック pixis_space.jpg ピクシススペース
pixis_spece_custom.jpg ピクシススペース カスタム pixis_truck.jpg ピクシストラック
pixis_joy_C.jpg ピクシスジョイC pixsjoy_F_1.jpg ピクシスジョイF
pixis_van.jpg ピクシスバン pixis_mega.jpg ピクシスメガ
nissan_rogo.jpg
otty.jpg オッティ otty_rider.jpg オッティ ライダー
CLIPPER-RIO_U71W_v2.jpg クリッパーリオ clipper_truck.jpg クリッパートラック
dayz.jpg デイズ daz_highwaystar.jpg デイズ ハイウェイスター
dayz_roox.jpg デイズルークス dayz_roox_highwaystar.jpg デイズルークス ハイウェイスター
dayz_rider.jpg デイズ ライダー dayz_roox_rider.jpg デイズルークス ライダー
moco.jpg モコ moco_earo.jpg モコ エアロスタイル
moco_doruche.jpg モコドルチェ roox.jpg ルークス
kix.jpg キックス pino.jpg ピノ
honda.jpg
acty_truck.jpg アクティトラック thats.jpg ザッツ
today.jpg トゥデイ todsy_rs.jpg トゥデイRS
today_asocie.jpg トゥデイアソシエ street.jpg ストリート
zest.jpg ゼスト zest_sports.jpg ゼストスポーツ
zest_spark.jpg ゼストスパーク bamos.jpg バモス
bamos_hobio.jpg バモスホビオ beet.jpg ビート
life.jpg ライフ life_dunk.jpg ライフダンク
life_diva.jpg ライフディーバ S660.jpg S660
n-wgn_custom.jpg N-BOX n-box_.jpg N-BOX+
n-box_custom.jpg N-BOXカスタム n-box_slash.jpg N-BOX スラッシュ
n-one.jpg N-ONE n-wgn.jpg N-WGN
n-wgn_custom.jpg N-WGNカスタム z.jpg Z
mazda.jpg
az-1.jpg AZ-1 az-offroad.jpg AZ-オフロード
az-wagon.jpg AZワゴン az-wagon_rr.jpg AZワゴン RR
az-wagon_custom.jpg AZワゴン カスタムスタイル DG16T (1) スクラムトラック
DG17W (7) スクラムワゴン carol.jpg キャロル
HB35S_eco_last (36) キャロルエコ spiano.jpg スピアーノ
flare.jpg フレア flare_custom (2) フレアカスタムスタイル
flare_cross.jpg フレアクロスオーバー flare-wagon.jpg フレアワゴン
flare-wagon_custom_style.jpg フレアワゴン カスタムスタイル lapyuta.jpg ラピュタ
lapyuta_s.jpg ラピュタ Sターボ
mitsubishi.png
i.jpg アイ townbox.jpg タウンボックス
Top1.jpg トッポ topBJ.jpg トッポBJ
pajero_mini.jpg パジェロミニ pajero_mini_duke.jpg パジェロミニ デューク
pajero_mini_links.jpg パジェロミニ リンクス minica.jpg ミニカ
minica_dangan.jpg ミニカ・ダンガン minica_townbee.jpg ミニカ・タウンビー
minicab_truck.jpg ミニキャブトラック minicab_van.jpg ミニキャブ・ミーブ
ek_wagon.jpg eKワゴン ek_classy.jpg eKクラッシィ
ek_active.jpg eKアクティブ ek_custom.jpg eKカスタム
ek_space.jpg eKスペース ek_space_custom.jpg eKスペースカスタム
ek_sports.jpg eKスポーツ
subaru.png
vivio.jpg ヴィヴィオ vivio_t-top.jpg ヴィヴィオ タルガトップ
vivio_bistro.jpg ヴィヴィオ ビストロ sanber_van.jpg サンバーバン
samber_truck.jpg サンバートラック stera.jpg ステラ
stera_custom.jpg ステラカスタム stera_revesta.jpg ステラリベスタ
sifon.jpg シフォン sifon_custom.jpg シフォンカスタム
dias_wagon.jpg ディアスワゴン dias_wagon_clasic.jpg ディアスワゴン クラシック
pleo.jpg プレオ pleo_RS.jpg プレオRS
pleo_plus.jpg プレオ・プラス pleo_custom.jpg プレオカスタム
pleo_nicot.jpg プレオニコット pleo_nesta.jpg プレオ・ネスタ
lucra.jpg ルクラ lucra_custom.jpg ルクラカスタム
lex.jpg レックス r1.jpg R1
r2.jpg R2
daihatu.jpg
cast_activa.jpg キャスト アクティバ cast_style.jpg キャスト スタイル
cast_sports.jpg キャスト スポーツ atray-wagon.jpg アトレーワゴン
esse.jpg エッセ esse_custom.jpg エッセ カスタム
wake.jpg ウェイク opty.jpg オプティ
opty_classic.jpg オプティクラシック opty_earodwon_beexs.jpg オプティ・エアロダウンビークス
copen.jpg コペン copen_explay.jpg コペン エクスプレイ
copen_cero.jpg コペン セロ copen_robe.jpg コペン ローブ
sonica.jpg ソニカ hijet_cargo.jpg ハイゼットカーゴ
hijet_cady.jpg ハイゼット キャディー hijet_dekivan.jpg ハイゼット デッキバン
naked.jpg ネイキッド hijet_truck.jpg ハイゼットトラック
mizet2.jpg ミゼットⅡ mira.jpg ミラ
mira_wark_threwvan.jpg ミラウォークスルーバン mira-tr-xx.jpg ミラ TR-XX
mira_avy.jpg ミラアヴィ mira-es.jpg ミライース
mira_custom.jpg ミラカスタム mira_cocoa.jpg ミラココア
mira_cocoa_plus.jpg ミラココア プラス mira-gino.jpg ミラジーノ
mira_modelno.jpg ミラ・モデルノ mira_gino_mini.jpg ミラジーノ ミニライトスペシャル
tanto.jpg タント tanto_custom.jpg タントカスタム
tanto_exe.jpg タントエグゼ tant_exe_custom.jpg タントエグゼカスタム
move.jpg ムーヴ move-sr-xx.jpg ムーヴ SR-XX
move-custom.jpg ムーヴ・カスタム move-canvas.jpg ムーヴキャンバス
move_conte.jpg ムーヴコンテ move-conte_custom.jpg ムーヴコンテカスタム
move_late.jpg ムーヴラテ move_late_cool.jpg ムーヴラテ クール
leza_spider.jpg リーザスパイダー max.jpg MAX
max-rs.jpg MAX RS terios_kidd.jpg テリオスキッド
terios_kidd_custom.jpg テリオスキッド カスタム
suzuki.png
alto.jpg アルト altoC_1.jpg アルトC
alto_eco.jpg アルトエコ alto_hassulu.jpg アルトハッスル
alto_lapin.jpg アルトラパン alto_lapin_shokora.jpg アルトラパン ショコラ
lapin_SS.jpg ラパンSS lapin_turbo.jpg ラパン ターボ
alto_turbo_RS.jpg アルト ターボRS alto_works.jpg アルトワークス
evey_wagon.jpg エブリィワゴン suzuki_captino.jpg カプチーノ
suzuki_cara.jpg キャラ carry_truck.jpg キャリィトラック
jimny.jpg ジムニー jimny_L.jpg ジムニーL
jimny_j2.jpg ジムニーJ2 jimy_KANSAI.jpg ジムニーKANSAI
jimny_landventure.jpg ジムニー ランドベンチャー jimny_wild_wind.jpg ジムニー ワイルドウインド
jimny-cross_adventure.jpg ジムニー クロスアドベンチャー specia.jpg スペーシア
specia_custom.jpg スペーシアカスタム specia_customZ.jpg スペーシアカスタムZ
serbo.jpg セルボ serbo_SR.jpg セルボ・SR
serbo_classic.jpg セルボ・クラシック twin.jpg ツイン
twin_hybrid.jpg ツイン ハイブリッド hustler.jpg ハスラー
palet.jpg パレット palet_sw.jpg パレットSW
wagonR.jpg ワゴンR wagonR_styng_ray.jpg ワゴンR スティングレー
wagonR_RR.jpg ワゴンR RR kei.jpg Kei
kei_sports.jpg Keiスポーツ kei_works__.jpg Keiワークス
mr_wagon.jpg MRワゴン mr_wagon_sprots.jpg MRワゴン スポーツ
mr_wagon_wit.jpg MRワゴン Wit

Top