軽自動車マニア

旧モデル(絶版含む)から現行モデル、メジャー車種~マニアック車種まで色々な軽自動車を紹介します

2017 03/12

トヨタ ピクシスジョイ C (LA250S/LA260S型)

ピクシスジョイCはトヨタのクロスオーバーSUV型軽自動車。ダイハツ・キャストアクティバのOEMモデルである。

LA250S_Crossover (8)
2016年8月に登場したピクシスジョイ。トヨタの軽自動車は全て子会社であるダイハツよりピクシスシリーズとしてOEM供給を受けるが、その第6弾として投入されたのがピクシスジョイである。ベースモデルはダイハツ・キャスト。トヨタ版でもキャストと同じく3種類の異なるモデルを設定し、それぞれキャストアクティバはピクシスジョイC(クロスオーバー)、キャストスタイルはピクシスジョイF(ファッション)、キャストスポーツはピクシスジョイS(スポーツ)とした。このうち本稿で扱うのはクロスオーバーSUVであるピクシスジョイCとなる。

LA250S_Crossover (3)

ピクシスジョイCはベースモデルのキャストアクティバと同じく、外装にピクシスジョイSやピクシスジョイFと異なる専用のSUVパーツが付けられヘッドライトやボディスタイルはほぼおなじものの2モデルとは異なるSUV風の外観が与えられている。また、ピクシスジョイCではハスラーと同じ15インチの大径タイヤを標準装備し、最低地上高を上げディパーチャーアングルを大きくることでライトな悪路にも対応できるようにした。さらにSUV性能を高めるためにグリップサポート制御やダウンヒルアシストコントロールなどを4WDモデルで標準装備とし、プラットフォームを共有する6代目ムーヴとは異なる専用メカニズムで特に雪道での安全性を高めている。ベースモデルのキャストアクティバはそれまでダイハツに存在した軽SUVのテリオスキッドの後継モデルとして登場しており、テリオスキッドほどではないがクロスオーバーSUVとしてライトな悪路走破性能を高めたモデルとなっている。

燃費向上技術としてはミライース(トヨタ版はピクシスエポック)の「イーステクノロジー」からCVTサーモコントローラー、クールドi-EGR、樹脂化ボディなどを適用し、軽量化とメカニズムの効率化をアップ。クロスオーバーSUVでありながら自然吸気エンジンの4WDモデルでは26.8km/L(JC08モード)、一番悪いターボの4WDでも25.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

LA250S_Crossover (11)

フロントデザイン。トヨタ仕様としてはエンブレム以外はベースと同じ。そのためパット見はキャストアクティバなのかピクシスジョイCなのか見分けは付きづらい。この点はほかのピクシスシリーズと同じ。ベースと同じくボディ上半分は3モデルほぼ共通だがピクシスジョイCの下部はSUVテイストなパーツが付けられている。バンパーからフェンダーにかけてはボディ色とは違うブラック系の部品が付き、スタイルやスポーツとは違う大きなフォグランプが付いている。悪路などを想定したSUVでは大きめなフォグランプが付くことが多いので、これにならっての装備だろうか。さらにバンバー下部にシルバー色のフロントバンパーガードが付き、ひと目でSUVとわかるようになっている。なお、ヘッドライトはLEDクリアランスランプ付きLEDヘッドライトとなり、フォグランプもLEDフォグランプとなる。

LA250S_Crossover (13)

サイド。このあたりもダイハツ版と同じ。ベースと同じくバンバーからフェンダー、サイドアンダースカートにかけてブラック系に塗装されている。さらにアクセントで太いラインのような物も入り、他の2モデル(ピクシスジョイS、ピクシスジョイF)とは差別化されている。また、ハスラーが樹脂パーツで塗装無しだったのに対しアクセントではきちんと塗装されているのでこの部分も質感が高くなっている。さすがダイハツといったところ。なおタイヤサイズはハスラーと同じく165/60R15で、これはKeiワークスと同じサイズでもある。さらに車高はスタイルやスポーツよりも30mm上げられれ最低地上高はFFで180mm(4WDは175mm)、ディパーチャーアングルを49.5度とし悪路に対する走破性を高めている。ちなみにハスラーもFFが180mmで4WDが175mmとまったく同じである。

LA250S_Crossover (14)

足元は自然吸気エンジンがフルホイールキャップ。

L260S_activa_prime_colection (2)

ターボグレードでは15インチアルミホイールを標準装備。

LA250S_Crossover (12)

リア。トヨタ仕様としてトヨタエンブレムと車名エンブレム(PIXIS JOY)以外はダイハツ版と同じ。ピクシスジョイCではクリアータイプのコンビランプ(ブレーキランプはLED仕様)とリアバンパーガードなどが付く。

LA250S_Crossover (15)

エンジンはKF型3気筒の自然吸気とターボの2種類。自然吸気エンジンでは最高出力52ps(38kW)/6800rpm、最大トルク6.1kg・m(60N・m)/5200rpm。ターボエンジンは最高出力64ps(47kW)/6400rpm、最大トルク9.4kg・m(92N・m)/3200rpmを発生する。
トランスミッションは全グレードでCVTのみとなり駆動方式はFFまたは4WDだ。6代目ムーヴで採用されたD アシスト機能がキャストにも備わり、スイッチ・オンで力強い走りを。オフ時はエコモードで燃費に貢献する。同じくDサスペンションも採用しフロントにマクファーソン・ストラット式コイルスプリングを。リアには2WDでトーションビーム式式コイルスプリング、4WDでは3リンク式コイルスプリングを採用。ボディにはDモノコックの採用で安定したハンドリング、ロール減少を実現している。

ダイハツおなじみとなった自動ブレーキアシスト機能はキャスト アクティバでも健在で"SA Ⅱ"の付いたグレードではフロントのカメラとレーザーセンサー、リアのソナーセンサーを用いて衝突回避支援ブレーキ機能、対車両&歩行者に対する衝突警告機能、車線逸脱警報、誤発進抑制防止機能(前進&後方)、先行車お知らせ機能など最新のダイハツの支援機能が満載だ。これ以外は全グレードでVSCとTRCが付き、横滑り防止機能、ABS、ヒルホールドシステムも備わる。

さらにクロスオーバーSUVということでアクティバにはスタイルやスポーツとは異なり専用のメカニズムが備わる。ひとつ目はDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御。雪道など滑りやすい路面下でスイッチをONにするとドライバーがブレーキ操作をせずとも低速を維持してくれる機能だ。もうほとうはグリップサポート制御。これはぬかるみや凹凸の多い路面で片輪のタイヤがスリップした際に、自動でスリップ輪に制動力を。もう片方に駆動力を与えタイヤのスリップを制御しグリップ状態をキープするものだ。前身のテリオスキッドに比べるとデフロック機能が無くなったため見劣りする感じがするが、ブレーキLSDのような機能でライトな悪路走破性を持っている。

sec_04_cont_01_img_01.jpg

なお、ハスラーにもダウンヒルアシストコントロール制御とグリップサポート制御機能(さらにもうひとつヒルスタートアシスト)がある。この点はかなり意識しているようだ。



悪路性能に関してはOEM元のダイハツが公式動画を公開している。本格的なSUVには劣る部分があるものの、特に雪国などでの街乗りでは十分な機能で、冬季の足車としての安全性や利便性を向上させている。

LA250S_Crossover (2)

インパネ。ピクシスジョイCではブラックを基本にシルバーのアクセントカラーを与えたインパネカラーとなる。

LA250S_Crossover (3)

内装もステアリングのトヨタマーク以外はダイハツ版とまったく同じ。ステアリングはメッキオーナメント・シルバー加飾付きの本革巻ステアリングホイール。

LA250S_Crossover (7)

オプション設定でボディカラーに合わせたカラーインパネを設定。

pixsjoy_C_color.jpg

合計で6種類のインパネカラーとなる。

LA250S_Crossover (5)

エアコンはフルオート式。

LA250S_Crossover (4)

スピードメーター。キャストアクティバと同じで、シルバー背景の文字盤となる。

LA250S_activa ()

フロントシートはベンチシートタイプ。アクティバ専用でブラック系にシルバーのアクセントが入ったカラー。

LA250S_activa (2)

リアシート。スライド幅は240mm。

LA250S_Crossover (9)

ラゲッジルーム。

LA250S_activa (6)

リアシートを倒した状態。

LA250S_Crossover (1)

ラゲッジルームにはアンダーボックスを備え、

LA250S_Crossover (2)

ちょっとした高さのあるものも収納可能だ。

ピクシスジョイCはダイハツのキャスト・アクティバのOEMモデルとして、エンブレムのみを変更しトヨタ風にアレンジしたモデルである。基本的にはキャストアクティバと全く同じで、ハスラーの対抗モデルとして個性&愛嬌のあるスタイリングにライトなSUV機能を備えた1台である。ベースモデルは以前まであったダイハツの軽SUV、「テリオスキッド」の実質的な後継モデルで、ミラ・ジーノ風の愛嬌ある外観にテリオスキッド的な性能をもたせている。テリオスキッド自体はスズキのKeiと同じく雪国での需要が高く、後継モデルのない状況ではテリオスキッドユーザーがハスラーに流れる懸念もあり、アクティバはまさにその乗り換えユーザーを狙えるものである。また、可愛らしいデザインの中にもSUV風のデザインにより力強よさも兼ね備え、女性ユーザーだけでなく男性ユーザーにも受け入れられそうな部分を持っている。レトロチックな顔つきにSUV風というデザインもクロスオーバーな部分は非常に面白い部分である。ただし、前述のとおりテリオスキッドにあったデフロック機能は持っていないため、ジムニーが突き進む除雪なしの雪道などではかなり不利で完全なテリオスキッド後継モデルとはいえない部分もある。雪国の街乗りであればハスラーと同じくちょうどよいモデルだが山林の雪道を考えている人は要注意である。

トヨタバージョンでは、他のピクシスシリーズでも同じなのだがエンブレム効果により、人によっては若干雰囲気が異なるモデルである。よく売れるダイハツ版では街中で被ることがあるがマイナーなトヨタバージョンではその心配がないため、他人と被りたくない人や軽自動車でもトヨタが良いといったコアなニーズにマッチするモデルとなっている。
スポンサーサイト
トヨタ ピクシスジョイ C (LA250S/LA260S型)

SUV(RV車)タイプ

スレッドテーマ : 軽自動車 ジャンル : 車・バイク

(0)TB(0)

AFTER「【3代目・7型】スズキ ジムニー クロスアドベンチャーXA(JB23型)

BEFORE「【初代・後期型】三菱 eKスペースカスタム(DBA-B11A型)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント


メーカー別車種一覧


 
toyota.jpg
pixis_epoc.jpg ピクシスエポック pixis_space.jpg ピクシススペース
pixis_spece_custom.jpg ピクシススペース カスタム pixis_truck.jpg ピクシストラック
pixis_joy_C.jpg ピクシスジョイC pixsjoy_F_1.jpg ピクシスジョイF
pixis_van.jpg ピクシスバン pixis_mega.jpg ピクシスメガ
nissan_rogo.jpg
otty.jpg オッティ otty_rider.jpg オッティ ライダー
CLIPPER-RIO_U71W_v2.jpg クリッパーリオ clipper_truck.jpg クリッパートラック
dayz.jpg デイズ daz_highwaystar.jpg デイズ ハイウェイスター
dayz_roox.jpg デイズルークス dayz_roox_highwaystar.jpg デイズルークス ハイウェイスター
dayz_rider.jpg デイズ ライダー dayz_roox_rider.jpg デイズルークス ライダー
moco.jpg モコ moco_earo.jpg モコ エアロスタイル
moco_doruche.jpg モコドルチェ roox.jpg ルークス
kix.jpg キックス pino.jpg ピノ
honda.jpg
acty_truck.jpg アクティトラック thats.jpg ザッツ
today.jpg トゥデイ todsy_rs.jpg トゥデイRS
today_asocie.jpg トゥデイアソシエ street.jpg ストリート
zest.jpg ゼスト zest_sports.jpg ゼストスポーツ
zest_spark.jpg ゼストスパーク bamos.jpg バモス
bamos_hobio.jpg バモスホビオ beet.jpg ビート
life.jpg ライフ life_dunk.jpg ライフダンク
life_diva.jpg ライフディーバ S660.jpg S660
n-wgn_custom.jpg N-BOX n-box_.jpg N-BOX+
n-box_custom.jpg N-BOXカスタム n-box_slash.jpg N-BOX スラッシュ
n-one.jpg N-ONE n-wgn.jpg N-WGN
n-wgn_custom.jpg N-WGNカスタム z.jpg Z
mazda.jpg
az-1.jpg AZ-1 az-offroad.jpg AZ-オフロード
az-wagon.jpg AZワゴン az-wagon_rr.jpg AZワゴン RR
az-wagon_custom.jpg AZワゴン カスタムスタイル DG16T (1) スクラムトラック
DG17W (7) スクラムワゴン carol.jpg キャロル
HB35S_eco_last (36) キャロルエコ spiano.jpg スピアーノ
flare.jpg フレア flare_custom (2) フレアカスタムスタイル
flare_cross.jpg フレアクロスオーバー flare-wagon.jpg フレアワゴン
flare-wagon_custom_style.jpg フレアワゴン カスタムスタイル lapyuta.jpg ラピュタ
lapyuta_s.jpg ラピュタ Sターボ
mitsubishi.png
i.jpg アイ townbox.jpg タウンボックス
Top1.jpg トッポ topBJ.jpg トッポBJ
pajero_mini.jpg パジェロミニ pajero_mini_duke.jpg パジェロミニ デューク
pajero_mini_links.jpg パジェロミニ リンクス minica.jpg ミニカ
minica_dangan.jpg ミニカ・ダンガン minica_townbee.jpg ミニカ・タウンビー
minicab_truck.jpg ミニキャブトラック minicab_van.jpg ミニキャブ・ミーブ
ek_wagon.jpg eKワゴン ek_classy.jpg eKクラッシィ
ek_active.jpg eKアクティブ ek_custom.jpg eKカスタム
ek_space.jpg eKスペース ek_space_custom.jpg eKスペースカスタム
ek_sports.jpg eKスポーツ
subaru.png
vivio.jpg ヴィヴィオ vivio_t-top.jpg ヴィヴィオ タルガトップ
vivio_bistro.jpg ヴィヴィオ ビストロ sanber_van.jpg サンバーバン
samber_truck.jpg サンバートラック stera.jpg ステラ
stera_custom.jpg ステラカスタム stera_revesta.jpg ステラリベスタ
sifon.jpg シフォン sifon_custom.jpg シフォンカスタム
dias_wagon.jpg ディアスワゴン dias_wagon_clasic.jpg ディアスワゴン クラシック
pleo.jpg プレオ pleo_RS.jpg プレオRS
pleo_plus.jpg プレオ・プラス pleo_custom.jpg プレオカスタム
pleo_nicot.jpg プレオニコット pleo_nesta.jpg プレオ・ネスタ
lucra.jpg ルクラ lucra_custom.jpg ルクラカスタム
lex.jpg レックス r1.jpg R1
r2.jpg R2
daihatu.jpg
cast_activa.jpg キャスト アクティバ cast_style.jpg キャスト スタイル
cast_sports.jpg キャスト スポーツ atray-wagon.jpg アトレーワゴン
esse.jpg エッセ esse_custom.jpg エッセ カスタム
wake.jpg ウェイク opty.jpg オプティ
opty_classic.jpg オプティクラシック opty_earodwon_beexs.jpg オプティ・エアロダウンビークス
copen.jpg コペン copen_explay.jpg コペン エクスプレイ
copen_cero.jpg コペン セロ copen_robe.jpg コペン ローブ
sonica.jpg ソニカ hijet_cargo.jpg ハイゼットカーゴ
hijet_cady.jpg ハイゼット キャディー hijet_dekivan.jpg ハイゼット デッキバン
naked.jpg ネイキッド hijet_truck.jpg ハイゼットトラック
mizet2.jpg ミゼットⅡ mira.jpg ミラ
mira_wark_threwvan.jpg ミラウォークスルーバン mira-tr-xx.jpg ミラ TR-XX
mira_avy.jpg ミラアヴィ mira-es.jpg ミライース
mira_custom.jpg ミラカスタム mira_cocoa.jpg ミラココア
mira_cocoa_plus.jpg ミラココア プラス mira-gino.jpg ミラジーノ
mira_modelno.jpg ミラ・モデルノ mira_gino_mini.jpg ミラジーノ ミニライトスペシャル
tanto.jpg タント tanto_custom.jpg タントカスタム
tanto_exe.jpg タントエグゼ tant_exe_custom.jpg タントエグゼカスタム
move.jpg ムーヴ move-sr-xx.jpg ムーヴ SR-XX
move-custom.jpg ムーヴ・カスタム move-canvas.jpg ムーヴキャンバス
move_conte.jpg ムーヴコンテ move-conte_custom.jpg ムーヴコンテカスタム
move_late.jpg ムーヴラテ move_late_cool.jpg ムーヴラテ クール
leza_spider.jpg リーザスパイダー max.jpg MAX
max-rs.jpg MAX RS terios_kidd.jpg テリオスキッド
terios_kidd_custom.jpg テリオスキッド カスタム
suzuki.png
alto.jpg アルト altoC_1.jpg アルトC
alto_eco.jpg アルトエコ alto_hassulu.jpg アルトハッスル
alto_lapin.jpg アルトラパン alto_lapin_shokora.jpg アルトラパン ショコラ
lapin_SS.jpg ラパンSS lapin_turbo.jpg ラパン ターボ
alto_turbo_RS.jpg アルト ターボRS alto_works.jpg アルトワークス
evey_wagon.jpg エブリィワゴン suzuki_captino.jpg カプチーノ
suzuki_cara.jpg キャラ carry_truck.jpg キャリィトラック
jimny.jpg ジムニー jimny_L.jpg ジムニーL
jimny_j2.jpg ジムニーJ2 jimy_KANSAI.jpg ジムニーKANSAI
jimny_landventure.jpg ジムニー ランドベンチャー jimny_wild_wind.jpg ジムニー ワイルドウインド
jimny-cross_adventure.jpg ジムニー クロスアドベンチャー specia.jpg スペーシア
specia_custom.jpg スペーシアカスタム specia_customZ.jpg スペーシアカスタムZ
serbo.jpg セルボ serbo_SR.jpg セルボ・SR
serbo_classic.jpg セルボ・クラシック twin.jpg ツイン
twin_hybrid.jpg ツイン ハイブリッド hustler.jpg ハスラー
palet.jpg パレット palet_sw.jpg パレットSW
wagonR.jpg ワゴンR wagonR_styng_ray.jpg ワゴンR スティングレー
wagonR_RR.jpg ワゴンR RR kei.jpg Kei
kei_sports.jpg Keiスポーツ kei_works__.jpg Keiワークス
mr_wagon.jpg MRワゴン mr_wagon_sprots.jpg MRワゴン スポーツ
mr_wagon_wit.jpg MRワゴン Wit

Top